CMに学ぶリピート戦略

NTT東日本 広告
NTT東日本 広告

NTT東日本 広告 by Kennosuke Yamaguchi (CC BY-SA 2.0

CMには顧客満足度を上げる意味がある

CMの意味…

というと、

  • イメージ戦略
  • 商品の認知度の向上

などが、ぱっと思いつきます。

しかしながら、もう一つ重要な役目として、
購入者の満足度の向上があります。

カッコいいCMを流すことによって、
あなたの買った商品はこんなに素晴らしいものです!

あなたの決断は間違っていません!!

とアピールをしてるんです。

正しさを強調し、後悔をさせる

この手法を使わない手はありません。

最近は、販売期間が限定されている商品も多数あります。

そういったものをセールスする場合、
販売終了後に、購入された方の決断を賞賛し、
買わなかったことを後悔させましょう。

購入して下さった方の満足度を上げる事が出来ますし、
購入を見送った方に関しても、次回あなたが何かをセールスする際、
興味度が格段にあがります。

成果の報告などがあれば最高でしょうね!!

逆に、一発でリピーターを失う方法も教えます

それは、セールスした商品、またはその手法をこき下ろす事です。

それを買って下さったお客さんは、

「いや、セールス時にあれだけメリット挙げといて、
 失敗だったってなんやねん…」

と思い、二度とあなたから商品を買うことはなくなります。

ということで、褒めまくり&後悔させまくり!
でいきましょう。

というか、本来本気で良い商品を紹介しているのであれば、
自然と、そういう気持ちになりますよね。

例えば、AKBのライブを断った友人に
「すげー楽しかったよ。まじ来た方が良かったのに!!」
のように。

【雑談】実話です。

こき下ろすの部分なんですが、
恐ろしいことに、「実話」です

普通に考えたら、そういう発言をすることで、
お客さんがどう思うかというのは、わかるはずなんですが、
分からかったのでしょう。

商品を購入するというのは、
購入にまつわるた経験にもお金を払っているんだなと、
あらためて実感。

良い経験でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。